エクオールサプリメントを徹底解明|ランキング比較サイト

今更年期の女性に話題のエクオールサプリメントを徹底解明!ランキングにして比較しました!

*

エクオールサプリで更年期症状を軽減!比較ランキング

ゆらぎ期なんて言葉をご存知ですか? 40代~50代にかけて閉経する前後の時期、いわゆる更年期です。

この時期はホルモンのバランスがこれまで以上に崩れ、女性にはとてもつらい時期となってしまいます。

また、最近ではプレ更年期などと言って 自律神経のバランスが崩れ30代で更年期に訪れる様々な辛い症状と似たカラダの不調を訴える女性も増えているのです。

ゆらぎ期、プレ更年期とはいったいどんな風に訪れるのでしょうか。

ゆらぎ期(更年期)

更年期とは主に45歳~55歳位の時期を言います。この時期は性成熟期から生殖不能期に移行していく時期で、女性のカラダはとってもデリケートです。

このゆらぎ期に入る頃には、卵巣の機能が低下しエストロゲンの分泌が減少してしまいます。

エストロゲンは、女性にとってとても大切な女性ホルモンのひとつで皮膚や髪の毛、細胞を若々しく保とうとしたり、自立神経の調子を整え身も心も活発にしてくれます

このエストロゲンの分泌が減ってしまう事で、ゆらぎ期には様々な不調が表れてしまうのです。

プレ更年期(30代女性に多く訪れます)

卵巣機能低下により、エストロゲンの分泌が減少してしまう40代中盤~50代に訪れる更年期。

一方プレ更年期は、卵巣機能が穏やかに低下していく30代に多く訪れるもので、この時期(30代)の女性は、仕事でも重要なポストに付いたり、育児などにも追われる事が多くストレス抱えやすい年代です。

そんなストレスのせいで、自律神経の調子を崩しそれによってプレ更年期に入ってしまうのです。

カラダの働きを正常に保つ働きのある自律神経の調子を崩す事によって、更年期障害と同じような症状が出てしまうのです。

更年期障害、プレ更年期の症状はどんなもの?

更年期障害の症状の軽重は、人によって差があります。軽くて済む人もいれば、重い症状に悩まされ、日常生活がうまく遅れなくなってしまう人もいます。

主な症状は、

  • ほてり
  • のぼせ
  • ホットフラッシュ
  • 動悸
  • めまい
  • 多汗
  • 肥満
  • 倦怠感
  • イライラ
  • 不安
  • 睡眠障害
  • 不正出血

などの他、うつ病を発症してしまう人もいます。

プレ更年期も同様な症状が表れます。頭痛なども伴います。

こんな症状は、三日や1週間で治るものでもなくその辛い時期は長期間続いてしまいます。

つらい更年期障害にエクオールが効く!

エクオールってご存知ですか? エクオールは更年期に良いとされてきた大豆イソフラボンがパワーアップしたようなものです。

そもそも大豆イソフラボンが更年期に良いというのは、大豆イソフラボンが女性ホルモンであるエストロゲンと似た働きをするからです

また、大豆イソフラボンに含まれるダイゼインという成分が腸内の菌の力を借りてエクオールにへと変換される事でその働きはさらに高まると言われています。

しかしながら、このエクオールへの変換が困難な女性が日本人には多いのです。

つまり、エクオールを体内で生産できる人はほんのわずかという事です。

エクオールは女性を若々しく保ち、心身共に活発にしてくれる大切なホルモンエストロゲンに極めて近い働きをしてくれるのです。

だからこそ、ゆらぎ期、、更年期にはエクオールが必要なのです。

>>エクオールサプリメント情報サイト

エクオールが生産出来な人って?

エクオールは大豆イソフラボンが腸内菌の力を借り変換されて生まれる物質ですが、腸内菌があまりいない、あるいは腸内菌が活発に活動していないなどの人は、いくら大豆イソフラボンを摂取しても、それがエクオールに変換される事は困難です。

エクオールが生産できる人は、更年期世代よりも若年層のほうが少ないのです。

これは、食の欧米化が進むにつれ若い世代の腸内菌、つまり腸内を整える善玉菌の減少が原因であると考えられます。

エクオールを体内で生産させる為には?

エクオールは、腸内菌の力なくして作られる事はありません。

しかしながら、食の欧米化、忙しい現代人にありがちな不規則な生活、バランスの悪い食事などで腸内の善玉菌は減り、活発に活動する事もない。

この様な腸内環境では、エクオールを生産する事はできません。

規則正しい生活、バランスの良い食事を心がけ、またそれだけでなく腸内の善玉菌を増やすような食事に変えていく必要があるのです。

自分の力で、体内エクオールを生産するには善玉菌を増やす食物と大豆製品をしっかり摂って行く事が重要です。

更年期とエクオール

上記にある様に、自分の力で体内でエクオールを作り出す事は少々根気のいる事かもしれません。

しかしながら、エストロゲンの分泌が減少して起こる更年期障害のつらい症状を予防しれくれるエクオールは女性には重要な物質です。

更年期障害の症状、ホットフラッシュ、多汗、睡眠障害、倦怠感は日々のなんて事ない活動をも妨げてしまいます

その期間が長いとなれば、そんな期間は絶対に避けたいものです。

減りゆくエストロゲンにより近い働きをするエクオールは、ゆらぎ期に入る女性には欠かせない物質となっていくに違いまりません。

症状の違いに個人差はあるとしても、カラダの調子が大きく変わってしまうゆらぎ期も、元気に健康的に過ごしたいものです。

いつまでも若々しく、女性として輝いているためにエクオールの魅力を知って、身近な存在にしたいものです。

公開日:
最終更新日:2016/01/16